ブログ詳細 ブログ詳細

ブログ&コラム

雨漏り診断・雨漏り調査が必要なのはなぜか?【雨漏り110番本部】

2019.02.13 雨漏り診断・雨漏り調査,雨漏りに取り組む,雨漏り110番グループ,コラム

本日の雨漏り110番コラムは雨漏り110番本部の唐鎌が担当します。
よろしくお願いします。

私たち雨漏り110番グループでは、雨漏りの相談を頂いた場合は、基本的な方針として、まずは【雨漏り調査・雨漏り診断】をご提案するようにしています。
ようするに、まず最初に【雨漏り調査・雨漏り診断】の見積書をお出しすることこそ、雨漏り解決のための第1歩というのが私たちの考えです。

【雨漏り調査・雨漏り診断】の提案をさせて頂くと、お客様の中には『雨漏りを修理して欲しいのであって調査や診断を求めているわけじゃない』と仰る方や『調査や診断にかかる費用がもったいない。調査しなくていいからすぐに工事をして欲しい』という方がいらっしゃいます。
過去には『他の業者は無料で調査してくれるのに雨漏り110番さんは調査でお金をとるのか?』と憤慨されるお客様もいらっしゃいました。
確かにネットで検索すると【雨漏り調査無料】をアピールしている業者は存在します。
それもけっして少なくありません。

多くの業者が【雨漏り調査無料】を謳い文句にしている現実があります。
そんな中、雨漏り110番グループでは、あくまでも【雨漏り診断・雨漏り調査】を有料とし、見積書を提出するスタイルを守り続けています。
競合する同業他社が無料で提供しているサービスを、かたくなに有料で提案し続けるというのは、資本主義社会における競争原理から考えても、また、ビジネスにおける顧客満足という概念から考えても、時代に逆行していることのように思われてしまうかもしれません。
しかし、私たちは強い信念をもっています。
これからも絶対ぶれずにこのスタイルを守り続けていくつもりです。
私たちが【雨漏り調査・雨漏り診断】の有料にこだわるのには明確な理由があるからです。

雨漏り調査中の写真1

そもそも多くの業者がアピールしている【雨漏り調査無料】ですが、それって本当に無料なのでしょうか?
似たような話ですが、外壁塗装工事などの塗装業者が【足場代無料サービス】というキャンペーンをやる場合もあります。
それ、本当に無料なのでしょうか?

冷静に考えればわかることですが、足場を組めば確実に『その分』の人件費がかかります。
同じように雨漏り調査や診断をすれば、必ず『その分』の人件費がかかります。
会社からみれば、その人件費が無料になることは絶対にありません。
社員やスタッフ、職人さんが働けば、給料や日当として『その分』を必ず払わなければいけません。
当たり前の話です。
もしタダ働きさせたら明白な法律違反です。

ということは、会社としては必ず『その分』をどこかで稼ぐ必要があります。
しかし、まさか他のお客様の見積に『その分』を上乗せすることはあり得ません。
結局のところ当該物件のお客様から『その分』を頂くしかないのです。
とりあえず雨漏り調査を無料でやったとしても、とりあえず足場工事を無料でやったとしても、必ず『その分』の金額が、その後の雨漏り修理や外壁塗装工事の見積(請求書)に上乗せされているだけの話なのです。
ようするに、私たちのように雨漏り調査・診断と雨漏り修理を別々に分けて見積書を提出するのか、あるいは調査・診断の費用を雨漏り修理工事に上乗せして見積書を出すのか、違いはその違いだけであって、最終的にお客様が支払う金額の総額は同じになる、という理屈になります。

総額が同じならどっちでも一緒だし、調査と修理を別々に請求されるよりも全て終わってからまとめて払うほうが楽だし、安心できるし、支払いも面倒くさくないから良い、という考えもあるかもしれません。
しかし、本当にそうなのでしょうか。
いっけんお客様にとってメリットがありそうですが、現実はそうではありません。
実は、最終的な支払い総額が同じになるとは限らないからです。

なぜ業者が雨漏り調査を無料でやるのか?と言えば、調査を無料でやることで、その後の修理の仕事を確実に受注することができるからです。
たいていのケースにおいて、お客様は調査を無料で依頼することで、調査後の雨漏り修理も自動的にその業者に依頼することになります。
つまり、選択肢を奪われ、工事の発注先を縛られてしまうのです。
現実問題として、よほどのことがない限り、雨漏り調査を無料でやってもらったあと、その後の雨漏り修理を他の業者に頼むことにはなりません。

つまり、相見積もり(複数の業者から見積をとって比較検討する)の機会を失うため、雨漏り修理の見積金額には競争原理が働かないのです。
結果的に業者の言い値(相場より高い修理費用)を請求される可能性が高くなります。
『ただほど高いものはない』とはよく言ったものですが、雨漏り調査無料とか、足場代無料サービスといった魅力的な誘い文句の裏には、このような仕掛けが隠されていることが少なくありません。
少なくないというより、たいていの場合はそのような仕掛けが隠されているのです。

ただし、ここまでは金額面だけの話です。
雨漏り調査無料サービスは、本当の意味での無料ではなく、『その分』が工事代金に上乗せされてるだけで、最終的には業者の言い値となって『高くつく』というだけの話です。
金額の高い安いも大事ですが、実はそれよりも大きな問題があります。
仮に金額が高くついたとしても、最終的に雨漏りが止まるのであれば、まだ救われます。
しかし実際には雨漏りが止まらないケースが驚くほど多いのです。
つまり高い安いの問題ではなく、せっかくお金をかけたのに雨漏りが全く解決しないということです。

雨漏り調査を無料でやった業者が、結果的に雨漏りを止められるのであれば、それはそれでいいのですが、止められないことがあまりにも多いのが実態です。
雨漏り110番グループには毎日のように沢山のお客様から相談のお電話がかかってきます。
その中でとても多いのが『他の業者さんで雨漏り修理したんだけど全く改善しない』『他の業者さんで何度も何度も修理したけど結局のところ雨漏りが止まらない』『他の業者さんで雨漏りを直してもらったんだけど、すぐに再発してしまった』というケースです。
この『他の業者さんでやったのに雨漏りが止まらない』というケースがびっくりするほど多いのです。

他の雨漏り修理業者さんの悪口を言いたいワケじゃありません。
でも、本当にあまりにもその手の相談が多いのです。
いわゆる『他の業者で止められなかった雨漏り』問題です。

では、なぜ彼らは雨漏りを止められないのでしょうか?
そして、なぜ彼らが止められなかった雨漏りを私たち雨漏り110番なら止められるのでしょうか?

その答えこそ【雨漏り診断・雨漏り調査】です。
そもそも雨漏りの【診断・調査】は何のためにやるのか?
その答えは『雨漏りの原因を明確にするため』です。
逆に言えば、もし最初から雨漏りの原因がわかっていれば、【診断・調査】など一切必要ありません。
すぐにその雨漏り原因を取り除く修理をすれば良いだけです。
ですが、最初から雨漏りの原因がわかっているケースはほとんどありません。
例えば屋根に大きな穴が開いていれば誰でも簡単にわかりますが、そんなわかりやすい雨漏りなどめったにないのが現実なのです。
残念ながら雨漏りはたいていの場合で原因が明確ではありません。
そして、原因がわからなければ雨漏りは直しようがありません。
大切なことなのでもう一度言います。
原因がわからなければ雨漏りは直しようがないのです。
つまり雨漏りを解決するには、絶対に【診断・調査】が必要だということです。

ここでわかりやすく例え話をしましょう。
お医者さんの世界に、診察をせずに薬を処方する内科医はいるでしょうか?
絶対いません。
では、診察無料をアピールする内科医はいるでしょうか?
これも絶対にいないはずです。

同じくお医者さんの世界で、レントゲン撮影やCTスキャン、MRIなどの診断をせず、いきなり手術をする外科医はいるでしょうか?
そんな医者は絶対にいません。
じゃあ、手術前の診断を無料でやる外科医は?
もちろん絶対にいませんよね。

外科医にとって手術の技術や力量は大事な資質ですが、それ以上に重要なのは手術前のCTやMRIなどの診断です。
もし診断が間違っていたら、どんなに腕がよくても手術は成功しないでしょう。
神の手と呼ばれるような天才外科医であっても手術前の診断が間違っていたら何の役にも立ちません。
間違った診断にもとづく間違った手術が神業のように手際よく行われるだけとなってしまいます。
本来取り除かれるべき患部ではなく正常な臓器がキレイに除去されてしまうだけです。
恐ろしい話です。

さらに、内科医にいたっては、もはや診察が全てと言っても過言ではありません。
診察をするからこそ、その病気や症状にあわせた薬の処方ができるのです。
ただ薬を処方するだけならそれは薬剤師さんの仕事です。
患者さんの症状を診て、何の病気で何の薬が必要なのかを診察するのが内科医の仕事なのです。

ですから、病院において診察や診断が無料じゃないのは当然です。
診察無料キャンペーンや、無料診断サービスなど聞いたことがありません。(もしかしたら美容整形外科の場合は無料診断とかあるかもしれませんが)
なぜならば、診察・診断こそ医者としての最も大切な仕事であり、最も価値の高い仕事だからです。
正しい診察や診断があってこそ、はじめて正しい治療や手術ができるのです。
手術や薬も大事だけど、それ以上に診察・診断が大事なのです。

さて、話を戻します。
世の中には雨漏り調査や雨漏り診断を無料でやる業者がいます。
でも、彼らの多くが雨漏りを止められないのはなぜでしょう?

それは彼らが【雨漏り診断・雨漏り調査】を軽視しているからです。
彼らは雨漏り修理やそれに伴う高額な外装工事を受注したいがために、【雨漏り診断・雨漏り調査】をオマケとして提供しているのです。
最も難しく、最も重要で、最も価値の高い仕事である【雨漏り診断・雨漏り調査】を売上確保のためのオマケとしか考えていないのです。
最も大切な【雨漏り診断・雨漏り調査】に真剣に向き合っていないのです。
【雨漏り診断・雨漏り調査】に真剣に向き合えば、それがオマケにすべきじゃないことは絶対にわかります。

結果的に、【間違った診断・調査】にもとづいて【間違った修理・工事】が実施されることになるわけです。
間違った診察・診断にもとづく間違った手術をしても絶対に病気や怪我が治らないのと同様に、間違った雨漏り診断にもとづいて間違った雨漏り修理をしても雨漏りは絶対に治りません。
言うまでもないことです。

雨漏り調査中の写真2

最後にもう一度繰り返して言わせてください。
私たち雨漏り110番グループでは、雨漏りの相談を頂いた場合、基本的な方針として、まずは【雨漏り調査・雨漏り診断】をご提案するようにしています。
ようするに、まず最初に【雨漏り調査・雨漏り診断】の見積書を出すことが、雨漏り解決のための第1歩だと考えているのです。

このコラムを読んでくださった皆様には、きっとその理由を理解して頂けたことと思います。
そして無料の雨漏り調査のリスクの高さも認識して頂けたはずです。
雨漏り調査、雨漏り診断にお金がかかることは、結果的に雨漏り解決にかかる全費用の総額を最小限に抑えることにつながります。

また、私たち雨漏り110番グループでは、原則として雨漏り診断・雨漏り調査を【成功報酬方式】でご提供しています。(建物の状態や立地条件などによっては成功報酬にできない場合もあるので予めご了承ください)
最低限の諸経費や仮設費用だけはお客様にご負担頂きますが、散水調査費や赤外線カメラ撮影など、雨漏り調査そのものに関わる費用については成功報酬方式としているのです。
万一雨漏りの原因を特定できない場合は、調査費用はご請求いたしません。
なぜならば、雨漏り原因を特定できない以上、プロとして責任ある仕事をしたことにならないと考えているからです。

雨漏り110番グループは、お医者さんよりも高いプロ意識と、高い職業倫理を持つという気概と自負を持ち、全員一丸となって日々雨漏りと向き合っています。
雨漏り調査・雨漏り診断のご用命はぜひ私たち雨漏り110番グループへ。

2019年2月13日
雨漏り110番本部(世田谷店)
唐鎌謙二

一覧

日本最大の雨漏り職人ネットワーク お近くの店舗を探す

お住まいの都道府県を選択